FC2ブログ
名園雑居ビル0807
怪しげな入居者が占拠する怪しい雑居ビル
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Big Guns - The Very Best of Rory Gallagher コンセプトのしっかりしたLP感覚のコンピレーション
BigGuns.jpg


 今年の八月に日本でも発売されたロリー・ギャラガーのコンピレーションアルバムです。

 全体の構成ですが、今回二枚組のそれぞれのトータルタイムはいずれも一時間足らずですが、実際に聞いてみるとこれはちゃんと理にかなった編集になってます。 
 一枚目にロックナンバー七曲(TasteのWhat's Going On やTattoo'd Ladyなど)ライブ五曲(未発表テイク二曲含む)でまず彼のよく知られた面を見せるかと思えば、二枚目のフォークブルーズ("Out on the Western Plain")ジャジーな曲("CallingCard"や”They Don't Make Them Like You Anymore")アコースティック・バラード("I'l lAdmit You're Gone" など)をまとめてロリーの多面的な魅力をきれいにまとめています。またこのCDはアナログ盤のAB面をを意識したかの様菜分数構成でまとめられてます。
 今回のコンピでもう一つ特筆されるのが音質の良さ。今回SONY/BMGの意向もあってかSACDハイブリッド化された事でリマスター及びリミックスが施された結果、ロリーのレコーディングキャリアをほぼ網羅したにもかかわらず極端な音質差を感じさせない。とりわけTaste時代の三曲はリマスターの恩恵を大いに受けている。またTattoo'd LadyやA Million Miles Awayなどはだいぶ印象が変わっているのでオリジナル(共に『Tattoo』に収録)と聞き比べてみるのも一興。
 ところで今回あえてオミットされた人気曲も少なくないが("Laundromat"や"Moonchild"など)この企画で第二弾があるのか、あるいは『The Essential Rory Gallagher』がいずれリリースされるのか?

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nazonozakkyobiru0807.blog25.fc2.com/tb.php/3-07e554d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。