FC2ブログ
名園雑居ビル0807
怪しげな入居者が占拠する怪しい雑居ビル
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬とフェラーリとJack Bruce
ThingsWeLike

Things We Like / Jack Bruce
with John McLaughlin Jon Hiseman Dick Heckstall-Smith

 唐突に始まった新シリーズ。要はいろんなレコードジャケットについていろいろ書こうと言う話です。

          
 御覧のとうり、何の変哲もないジャケットであります。
正直言って、犬の事は良く分からないので、フェラーリの話が主ですが。

 これはフェラーリ365GTB("デイトナ"と言う別名で知られる)の初期型で、いわゆるフロントエンジン・ベルリネッタの最後を飾った名車として知られる。(後継者365GTB4BBはミッドシップで、以後555マラネロでフロントエンジンに戻るまでずっとミッドシップのフラッグシップを擁した)
 イギリス郊外で撮られたとおぼしきこのジャケット、フェラーリの落ち着いた色と相まってなかなかいい味を出してると思うがいかがであろうか。
 肝心の音楽だが、これが本格的なジャズ。ブルースが初心に立ち返るべく制作したもので、アルバムタイトルも彼の少年時代の教科書から拝借。ブルース自身の(11歳の頃に書いたと言う)曲に加えメル・トーメの"Born to be Blue"なども含むアルバムは(当時Colosseumにいた)ジョン・ハイズマンとディック・ヘックストール-スミス(全曲参加)にジョン・マクラフリン(五曲+ボーナス・トラックでも)を加えたメンバーで作られた。マクラフリンはこのレコーディングのギャラでアメリカへ渡り、トニー・ウイリアムスのLifetimeに参加した。










スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nazonozakkyobiru0807.blog25.fc2.com/tb.php/10-c7a3db45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。